#86 シリテンスズメダイ(仮称) 『オヤビッチャ シリテン・タイプ』

和名   シリテンスズメダイ(仮称)
学名   Abudefduf caudobimaculatus(仮?)

e0221384_17305637.jpg
シリテン・タイプ (若魚)

撮影地  残波
全長   8cm
水深   4m

よく似ている別種   オヤビッチャ  ロクセンスズメダイ

長い間、オヤビッチャと混同されたスズメダイだったが
美ら海水族館の観察・研究により、『シリテンスズメダイ (Abudefduf caudobimaculatus)』として
独立した種として発表された。。。
とも聞いていたが。

瀬能氏によると(2011/04/26)
『シリテンスズメダイ (Abudefduf caudobimaculatus)』は
●現時点ではオヤビッチャのシノニム(同物異名 同じ種類に違う名前がつけられている)
とされています.
きちんとした分類学的な整理が必要です。

との事。と言う事で、『シリテン・タイプ』


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


e0221384_19151188.jpg
シリテン・タイプ (若魚)

撮影地  残波
全長   8cm
水深   4m


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


e0221384_17311787.jpg
シリテン・タイプ (若魚)

撮影地  残波
全長   8cm
水深   4m


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




e0221384_18502814.jpg
シリテン・タイプ (成魚)

撮影地  本部
全長   15cm
水深   2m

産卵活動中のロクセンスズメダイの群がりに混ざり、やや興奮色を出している個体。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


e0221384_18504384.jpg
シリテン・タイプ (成魚)

撮影地  本部
全長   15cm
水深   2m


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


e0221384_20321420.jpg
シリテン・タイプ (成魚)

撮影地  浦添
全長   12cm
水深   1m

(2014/05/10撮影)
背部から体側にかけて、黄色がほとんどない個体を確認。
撮影のため、しつこく追っていると、同じ個体で黄色が濃くなったり薄くなったりしていることを確認。
そのような個体は産卵床を出たり入ったりしていたので、『興奮色(婚姻色)なのか??とも疑問に思ったが
たくさんの個体が群れる場所で、このように黄色がほとんどなくなっている個体は数個体であった。

今後の観察が楽しみになった。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


e0221384_17312641.jpg
シリテン・タイプ? (若魚)

撮影地  真栄田
全長   9cm
水深   4m

ひとまず識別点とされる点もあやふやな個体も多く
今後もたくさん観察する楽しみがある。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


e0221384_18501564.jpg
シリテン・タイプ? (若魚)

撮影地  本部
全長   10cm
水深   1m

この個体も、尾鰭基部の二黒点は見当たらない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
[PR]
by 285suzumedai | 2012-01-17 20:54 | サ行
<< #87 不明種  #85 ミナミイソスズメダイ >>